サマルカンド人のプライドが詰まったパン

サマルカンド人がこぞって自慢する、主食のパンであるナン。

ナンへの愛は計り知れない。

そんなサマルカンドのナンのご紹介。

20170704-210637.jpg

分厚い。そして固い。

薄くカットして食卓に出すのですが、ナンのカット用に家庭用には大きすぎる包丁を買いました。

完全に白米派の私は、あまりパンに対してこだわる事はないのですが、お土産に日本に持ってくると、ほかの地域出身のウズベク人も嬉しそうに食べているので、なんとなく価値のあるパンに思えてきます。

 

朝食ではジャムやハチミツとたべたり、スープに浸して食べたり。

お米料理のプロフ、麺料理のラグマンなどの炭水化物にもナン。

チャイハナでも、レストランでも、バザールでも、どこでもナン。

 

1枚のボリュームがとにかく凄い。物怖じしていると「賞味期限(笑)?2か月くらい全然大丈夫よっ!」という人が多いのですが、ウズベキスタンではの話。湿気の多い日本では1週間も無理っ!

なので、たくさん持ってきた時には、まずはカットしてから冷凍して、食べる分だけオーブンであたためてます。

 

と、紹介してみたものの、我が家では言うほど食べません。義理母も夫もあまり手を付けないです。見飽きてるとか???

美味しいことは間違いないのですが、口の水分が全部持っていかれるので、スープと一緒に、ぐらいがベストです。

ウズベキスタン人に嫁いで人生急展開!
日本では共働き、ウズベキスタンでは主婦。押しの強いハートフルなウズベキスタン人に囲まれて、引きこもり体質改善中。コミュニケーションはロシア語中心で頑張ってます。