甘すぎる誘惑。ウズベキスタンのお菓子。

ウズベキスタンのお菓子の甘さは定評があると思いますが、とにかくガツンと甘い。

義理母が日本に滞在中に、「似てるのがウズベキスタンにあるわよ!今度送るわっ!」と色々なものを紹介してくれたのですが、3倍は甘いっ!

肥満一直線なので、ウズベキスタンに移住したくないと駄々をこねると、

「日本の料理みたく隠し味に砂糖が入ってないから、知らず知らずのうちに糖分をとりすぎないだけウズベキスタンのほうが安全っ!甘いものは自覚と責任をもって食べれば大丈夫っ!」

と、もっともらしい口調で諭されました…。

しょっぱいヒマワリの種と、激甘ハルヴォやマルマロットを交互に食べ始めると、一日があっという間に過ぎてしまうので、誘惑に打ち勝つ強い心がないとお菓子廃人一直線。

ただ、義理母ゴリ押しのチョコパイが、日本のよりも全く甘くなかったのが解せぬ。

ウズベキスタン人に嫁いで人生急展開!
日本では共働き、ウズベキスタンでは主婦。押しの強いハートフルなウズベキスタン人に囲まれて、引きこもり体質改善中。コミュニケーションはロシア語中心で頑張ってます。