根気が必要な料理、halisa(ハリサ)

ウズベキスタンの「ハリサ」という料理をご存知でしょうか?

ハリサとは

春の訪れを祝うナウルーズに時期に、人々が集まって約12時間かけて巨大な鍋調理するペースト状の肉料理です。
粘り気があり、サマルカンドではうえにソースをかけて食べることもあります。

ハリサを日本で作るには

①ウズベキスタンの麦

②大量の羊肉

③根気と根性、体力

混ぜて、混ぜて、ひたすら混ぜる。

肉がトロトロに溶け、形がなくなるまでひたすら、黙々と己との闘い。

同時にソースも

完成系は、こんな感じ


ムチムチ、モチモチした食感がたまらない逸品です!

ウズベキスタン人に嫁いで人生急展開!
日本では共働き、ウズベキスタンでは主婦。押しの強いハートフルなウズベキスタン人に囲まれて、引きこもり体質改善中。コミュニケーションはロシア語中心で頑張ってます。