【動画】仁川経由でウズベキスタン共和国へ!(搭乗→乗り継ぎ→到着編)

今回は搭乗後の記録です。(※過去記事に新規で動画を張り付けたものになります。

出国までの流れはコチラ↓

今回乗った飛行機は

日本→韓国:アシアナ航空OZ101、 韓国→ウズベキスタン:アシアナ航空OZ573 です。

成田から韓国へ

出国審査を終えて免税店を満喫し、搭乗口に向かいます!

正直、ウズベキスタン航空利用時とだいぶ雰囲気が違います(笑)キラキラしてるカップルや親子、モデルさん級の美人な方々がいっぱい!これは、完全に浮いてしまった(笑)

気を取り直して機内にのりこみ枠2時間半のフライトです。真ん中の通路側の席だったのですが、この日は空いていてゆったり過ごせました。

機内食は照り焼きチキンライス!黒ゴマ豆腐もなぜか貴重に感じて完食いたしました。それよりも、CAさんが美人過ぎて泣けてきました。ちょっだけ行き先を韓国に変えたくなる…。ちなみに、途中でCAさんが関税(かな?)の紙を持ってくるのですが、韓国に降りる人のためのものなので、乗り継ぎの旨を伝えてスルーします。

韓国からウズベキスタンへ

何の不自由もないまま仁川で降り、Transferの表示をひたすら追いかけます。すると、かなり小さなスペースに辿り着きました。ひっそり感と、職員の半ギレ感に恐れおののき、赤いパスポートを持っている方に思わず乗り換えですか?と確認。お互いに不安だったので、よかったーと一安心。

さっきのひっそり感満載の部屋から、味気のなさすぎる階段を上がった瞬間!急に華やかっ!ギャップ萌えです。目移りが半端ない!帰国時に仁川で時間をとってあるので、その時まで我慢我慢っ!

ここで、まさかの機内食の写真取れなかった事件。機内は大柄のウズベク人を中心に、だいぶ込み合っておりまして、なんか機内食撮影の空気ではなかったので…。でも、食事でチキンパスタをチョイスしたらサイドのサラダもマカロニサラダだった事件とか、到着1時間前に配られたジャンキーなピザが今回で一番美味しかったとか、伝えたいことがたくさんありました。無念。。。

ウズベキスタン到着

ウズベキスタンには20:20に到着いたしました。入国審査は簡単で、ボディチェックや関税、荷物のチェックもなく、パスポートチェックのみ。ものすごい眼力でパスポートと実物を見比べられます。

あとは、ひたすらスーツケースを待つだけ。スーツケースを待っている時点でイライラのピーク(笑)なんでこんなに大きなカートをもってレーンにピッタリくっついて待つかなぁ~。ほかの人が荷物を見つけても、これじゃ取りにいけないぞ!?観光客全員不安そうに苦笑している状態でした。

空港を出たのは現地時間の21:00ちょっと過ぎたあたり。ウズベキスタンは開かれてきたとはいえ、まだまだ撮影禁止場所が多いため空港の写真はございません。。。

ツアーなどではここでタシュケントに一泊して翌日目的地というパターンが多いと思いますが。あとひと踏ん張り!サマルカンドまで手配していただいたタクシーで一気に移動します。

↑ドライバーが15分ほど消えた現場。ガッツリと、何の説明もないまま放置されました。戻ってきてよかった~!

もう、暗かったので写真はあまりありませんが、以前よりもキレイになっておりました!

一連の流れを動画で紹介!

以上、アシアナ航空で行くウズベキスタンの紹介でした☆

↓↓↓応援よろしくお願いいたします↓↓↓

Posted by yuka amo